地鎮祭 についての詳細

    どのような 建物 ・ 構造物 ・ また 墓地 等、も承ります。

 1、地鎮祭 とは?

   その土地の神様に、家を建てて住まわせていただくことを許していただき、新築に関る 建築・土木など全ての工事安全を願い
   完成後、その家に住む家族が健康で幸せな生活を営むことの出来る良い家が出来るように、工事のご守護を祈願する祭儀を
   「 地鎮祭 ( じちんさい ) 」 といいます。

   地鎮祭は、建主 ( 施主 ) が中心となって執り行われますが吉日を選び、必ず工事関係者も参列し、建主とともに工事が
   無事に進むことをお祈りします。

 2、地鎮祭 までのながれ

   1)既存の家を壊して新たに建てる場合は、既存の家を壊す お祓い をお勧めします。 
       この お祓い を 「 壊家清浄祭 ( かいけしょうじょうさい ) 」 といいます。

     * これまで住まわして戴いたことへの感謝の意を表すこの お祓い は、とても重要です。


   2)新たな土地に建てる場合

     * 地相・家相 は大切です。
       地相 ・ 家相 に関して ご不明の点があれば
       どんな些細なことでも遠慮せずに質問して下さい。

       家相を考えるのは変更の可能な、本設計前でなければいけません。
       本設計終了後、施工業者と工事の契約をします。

   吉日で、 施主・施工者・神職 の都合の良い日を選びます。
   三者、それぞれ準備する物がありますが、詳細につきましては別にまとめてありますので参照して下さい。

   どちらの場合も工事完成・竣工後、 「 新室祭 ( にいむろさい ) 」 というお祓いをされることをお勧めします。
     
     この、新室祭という祭儀は新しく完成した家をお祓いして、これから住む家族全員が健康で幸せな生活を営むことが
     出来るようにご祈願するお祓いです。

     新室祭の時期は 引越し前 ・ 引越した後 の どちらでも構いません。

     ご希望の日を お申し出ください。

  このように、家の建築に関しては最大3回のお祓いがあり、費用も労力もかかりますが、とても大事なことなので是非とも
  実行して欲しいと考えます。

                              


地鎮祭・起工式 の 詳細について。

  神饌物(お供え物)としてご用意いただく物 の一例をご覧下さい。  


 施工業者さんにご用意いただくものです。

   当神社では 施工業者さん に “砂” だけをご用意いただければよい ご神具 になっております。
    


 料金 等の詳細

     ※ 玉串料は、2万円・3万円とあります。 ( 金額の差は、ご神具・装束・お札の有無、です )
        詳細はお問い合わせ下さい。
     ※ お供え物 が必要です。
       その詳細は 上部 に記載しています。 (あくまでも一例です) 
     ※ お供え物 は当方で用意することも出来ます。 
       その場合は別途料金 10.000円分 又は 5.000円分 でご用意できます。
     ※ お供え物 は当方が持ち帰りません。 施主さんに残して帰ります。
       そのため お好みの品 をご用意ください。
     ※ 祝詞(のりと)作成の為、現地の住所・施主さんの氏名・施工者(業者)名・設計者(業者)名
       をお知らせ下さい。
        祝詞 は使い回しをせずに、その度に 浄書 しています。
          また、解り易いように、内容を印刷したものをお配りしています。
     ※ 榊類はこちらで用意します。  玉串の必要な数をお知らせ下さい。
     ※ ファックスにて地図をお送り下さい。こちらから伺います。
     ※ 所要時間は、約25分です。(準備・片付けは除く)

         ※ 従来の地鎮祭 ( 笹竹を立て・注連縄を張った様式 ) も承ります。

                          お気軽に お申し出ください。

    

           萩原稲荷神社   主祭神 正一位稲荷大神(伏見稲荷)
            大分市萩原1丁目14番25号
            TEL  0 9 7 - 5 5 8 - 8 0 3 6   FAX  0 9 7 - 5 5 2 - 6 4 3 4

            URL   http://oinarisan.ftw.jp/
            Eメール  oinari35@yahoo.co.jp


                   

                                △TOP